特殊詐欺警報発令!

《発令内容》

親族をかたるオレオレ詐欺の発生

 5月9日から11日までの間、札幌市とその近辺、および函館市において、現金を手渡し、被害に遭うオレオレ詐欺事件が5件発生し、被害額は650万円を超えています。

 今後、道内の主要都市などにおいて継続して複数の被害が発生する恐れがあり、警報を発令するものです。

《主な手口》

息子や孫などの親族を装って

「風邪をひいた」
「電車でカバンを盗まれた」
「友達と株をして失敗した」
「取引先との契約にお金が必要だ」
「上司の家族の者がお金を取りに行く」
「弁護士がお金を取りに行く」

…などと言って現金を用意させ、地下鉄や鉄道の駅などを受渡場所に指定してだましとるものです。

※金融機関およびATM設置店舗関係者の方へ
 高額引き出しをする高齢者への声かけをして、不安・不審な点があれば警察へ通報をお願いいたします。

交通安全情報№18

5月17日現在 北海道の交通事故発生状況

死者 36人 (前年同月比:-13)

全国の状況

 1  埼玉県 70人  (+ 6)
 2  愛知県 69人  (+ 8)

11  北海道 36人  (-13)

交通安全情報№19

5月21日現在 北海道の交通事故発生状況

死者 38人 (前年同月比:-12)

全国の状況

 1  愛知県 72人 (+10)
 2  埼玉県 71人 (+ 6)

11  北海道 38人 (-12)

交通安全情報№17

5月9日現在 北海道の交通事故発生状況

死者 32人 (前年同月比:-14)

全国の状況

 1  埼玉県 66人 (+ 6)
 2  愛知県 65人 (+ 6)

11  北海道 32人 (-14)

 今年も「セーフティラリー北海道2017」が実施されます。交通安全意識を高め、交通違反・事故防止を図ることを目的として、運転免許を保有している方が4ヶ月間無事故・無違反を目指す参加型交通安全運動です。

 昨年は16万人を超える方々に参加していただき、94.8%の方が無事故・無違反を達成しました。
(無事故・無違反達成者の中から抽選で約5,000人に賞品が当たります!)

 職場の仲間同士や友人・知人、家族など誘い合って皆さんで参加しましょう。

※申込方法、その他詳細については添付文書をご確認ください。

交通安全情報№15・16

4月30日現在 北海道の交通事故発生状況

死者 30人 (前年同月比:-13)

全国の状況

 1  埼玉県 61人 (+ 8)
 2  愛知県 58人 (+ 4)

12  北海道 30人 (-13)

本格的な行楽シーズンがやってきました。自動車や自転車を運転しながらのスマートフォン等の操作や注視(ながらスマホ)、運転中のカーナビゲーション装置等の注視は非常に危険です。画面に意識が集中してしまい、周囲の危険を発見することができず、思わぬ事故につながります。絶対にやめましょう。

交通安全情報№14

4月20日現在 北海道の交通事故発生状況

 死者 27人 (前年同月比:-12)

全国の状況

 1 埼玉県 55人  (+8)
 2 愛知県 55人  (+4)

12 北海道 27人 (-12)

交通安全情報№13

4月12日現在 北海道の交通事故発生状況

死者 27人 (前年同月比:-6)

全国の状況

 1  埼玉県 52人 (+9)
 2  愛知県 50人 (-1)

11  北海道 27人 (-6)

交通安全情報№11・12

4月5日現在 北海道の交通事故発生状況

 死者 24人 (前年同月比:-6)

全国の状況

 1  埼玉県 50人 (+13)
 2  愛知県 48人 (± 0)

13  北海道 24人 (- 6)

 4月6日(木)から4月15日(土)まで、「春の全国交通安全運動」が実施されています。
 新年度・新生活の始まりにあわせて、飲酒の機会も増える時期です。「飲酒運転をしない、させない、許さない」を合言葉に、私たち道民一人ひとりが交通安全のお手本となるやさしい運転を心がけましょう。

交通安全情報№10

3月22日現在 北海道の交通事故発生状況

死者 18人 (前年同月比:-10)

全国の状況

 1  埼玉県 42人 (+10)
 2  愛知県 40人 (- 2)

14  北海道 18人 (-10)

 4月6日(木)から4月15日(土)まで、「春の全国交通安全運動」が実施されます。新入学園児・児童の子どもたちが親の手を離れて道路を歩く機会が増えるとともに、雪解けが進み、昼間と夜間の路面状況が変わりやすい季節です。子どもたちのお手本になる、優しい運転を心がけましょう。

交通安全情報(号外)

平成29年4月1日、沼田署が深川署に統合されます。

統合後は深川署を本署として、沼田署の管内も管轄することになります。

沼田署は『沼田警察庁舎』として継続して運用し、警察相談窓口や交通窓口を設置します。統合後も引き続き運転免許関係手続や道路使用許可などの交通関係申請に対応します。

統合後、深川署管内となる地域にお住まいの方は、深川署と沼田警察庁舎のどちらの交通窓口でも申請を行うことができます。

メニュー

このブログについて

「地域安全ニュース」は、「暴力や犯罪のない安全で明るいまちづくり」をめざして、お伝えする安心・安全情報です。

プロフィール(作者について)

RSS 2.0

< 2017年05月 >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31