22日付北空知新聞紙面から

「北竜・雨竜の道の駅で買い物ラリー 29日から」
「きょう午後1時 三番舘の壁にあなたの似顔絵 小川さんが即興で」
「音江中央の元園長 公金を乱費 新たな事実」

幌加内町が道6区(上川管内)へ

 【幌加内】政府の衆院議員選挙区画定審議会の区割案によると、道10区(空知・留萌管内)に含まれていた上川管内幌加内町は、道6区(上川管内)に移る。今後、公職選挙法改正案が国会に提出され、今夏以降、適用される見通し。支庁再編で上川総合振興局に移管された10年以降、区割見直し(道6区へ)を要望してきた幌加内町の念願が、かなう。
 


 本文は22日付紙面で

強風でビニールハウス倒壊

 発達した低気圧で強風に見舞われた18日、最大瞬間風速26・8mを観測した深川では、音江地区を中心に、屋根のトタンがはがれたり、ビニールハウスが倒壊するなどの被害が相次いだ。



 本文は22日付紙面で

深川・緑地PGコース オープン

 深川市内の石狩緑地パークゴルフコースが20日にオープンし、シーズンの到来を待ち望んでいた市内の愛好者らがプレーを楽しんだ。
 


 本文は22日付紙面で

寒さも何のその、今シーズン初ラウンドを楽しむ愛好者

19日付北空知新聞紙面から

「自民地方創生本部・河村本部長ら、沼田町を訪問」
「深川で緑の募金活動スタート 5月31日まで」
「み・らいがダンスワークショップの参加者募集」

市民で創る美術展に約50点 

 “おらが作品”持ち寄り――。そんな手づくり・あったか美術展が深川市内で開かれている。自らの作品を見てほしいと願う市民にギャラリーの一部を開放することで、創作愛好者の発表する機会を創造し、裾野を広げることに一役買う。



 本文は19日付紙面で
 

展示された自らの作品を見つめる松長さん

大印が小売業  ”市場魂”再び

 ”市場魂”再び――。およそ1世紀にわたり北空知住民に生鮮品を供給する一端を担い続けた「大印深川地方卸売市場」(大印)=溝口信義社長=が、小売をメーン業態に据え、“再出航”の準備を進める。暑寒の山並みを背にした音江連山のふもと(深川市音江町広里・道の駅向かい)に小売店を構える構想で、黄金週間がスタートする29日のプレオープンに向け準備を重ねる。
 


 本文は19日付で

事務所前で営業什器類のサビを落とす従業員ら

親子で楽しむ「ブックスタート事業」

 赤ちゃんに手づくりの布絵本をプレゼントする深川市教委の「ブックスタート事業」が、今年で5年目を迎えた。市の7カ月健診を受けた赤ちゃんとその保護者を対象に、布絵本のプレゼントのほか、赤ちゃん向けのおすすめ絵本の紹介、読み聞かせについてのアドバイスも行う。



 本文は19日付紙面で
 

澤田主査=写真右=から布絵本の説明を受ける親子

15日付北空知新聞紙面から

「元競泳日本代表・松田さん 23日に旭川で講演」
「拓大道短大 『家庭菜園のポイント』受講者を募集」
「市立一已小で自転車シミュレーターの安全教室」

秩父別 タクシー助成券 対象拡大

 【秩父別】町は現行のタクシー助成事業をより使い勝手が良いように大幅に見直した。対象を拡大し、助成割合を現行の7割から最大9割にした。免許証を自主返納しやすい環境を整える拡大策。足確保の選択肢を増やすことで買い物難民化を防ぎつつ、家に閉じこもりがちなお年寄りの外出を促すことで認知症を予防し、将来の介護・医療費抑制も視野に置く取り組みだ。
 


 本文は15日付紙面で

好評の「ちっぷ・悠々タクシー助成券」

メニュー

このブログについて

毎回新聞発行日の午後に最新の記事を更新いたします。
なお新聞に掲載しなかった情報などもアップしていく予定です。

プロフィール(作者について)

RSS 2.0

< 2017年04月 >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30