深川JFCが2部門で準V

 10~12日に札幌ドームで開かれた「2018コンサドーレ・エスポラーダカップ~全道市町村サッカー・フットサル大会」(道サッカー協会など主催)で、サッカー少年団「深川JFC」が、U―12とU―10の両部で準優勝を果たした。道内各地のチームが集まる今大会に初めて臨み、好成績を収めたことに、指導者は「息の合ったチームプレーを発揮して順調に勝ち進んだ。大きな大会での活躍が、今後の自信につながる」とたたえた。
 

 本文は17日付紙面で

慶応大生がワーキングホリデー

 【秩父別】町が昨年12月に整備した移住体験住宅の利用が始まり、道外の大学生が町での暮らしや仕事を体験しながら、町民と交流を深めている。
 

 本文は17日付紙面で

17日付北空知新聞紙面から

「みそ造り教室 留学生9人がチャレンジ」
「妹背牛中・小西君が入選 献血俳句コンテスト」
「生まれ育った高松へ 声楽家・菊入さんがコンサート」

話題の生甘酒を紹介 25日に教室 

 米麹のみを使った生甘酒の魅力を広める教室が25日午後1時から、深川市文西コミュニティセンターで開かれる。話題を集める生甘酒の基礎的な知識から実際に仕込む手順までを学ぶことができ、甘酒スイーツの試食もある。
 


 本文は17日付紙面で

18年度予算案  交付税見積もり厳しく

 どこに住んでも同程度の行政サービスが受けられるよう財源保障機能を有した国から地方への仕送り金である地方交付税が、本年度(17年度)に比べ減る見通しであることを受け、北空知の一市四町と上川管内幌加内町は、新年度予算案を厳しく見積もる。景気の回復基調から収入(歳入)の基本である税収が伸びるから仕送り金を減らす――との国の論調だが、回復の兆しさえ見えない空知・上川エリアの北空知5市町と幌加内町は、厳しい予算編成作業を強いられている。
 

 本文は14日付紙面で

カーリング女子 北海道選抜が準V

 【妹背牛】カーリングの第13回全国高校選手権(日本協会主催)が9日から4日間、青森市のみちぎんドリームスタジアムで開かれ、女子の部で、町内在住の原瑞希(滝川西高3年)、安井涼音(深川西高3年)の両選手が所属する北海道選抜が準優勝した。
 


 本文は14日付紙面で


美化活動 クラーク高野球部を表彰

 地域の清掃やお年寄りへの声かけ活動を続ける、クラーク記念国際高(深川市納内町)硬式野球部が、思いやりのある取り組みを表彰する今年度の「小さな親切」実行章に選ばれた。
  


 本文は14日付紙面で

14日付北空知新聞紙面から

「深川税務署長に聞いた!確定申告の手続き」
「北竜・沼田でスノーフェス 雪原にちびっ子の歓声」
「三者合同で冬イベント満喫 ふれあう心のあかり2018」

10日付北空知新聞紙面から

「省力化に向け 疎植栽培の適応品種は 深川で検討会」
「スノボ・竹内選手を応援 経済センターに懸垂幕」
「17、18日、拓大ミュージカル エネルギッシュな舞台」

札幌の死亡火災受け 深川でも特別査察

 1月末に札幌市で11人が死亡した自立支援住宅の火災を受け、深川消防署は7日、市内文光町の下宿を特別査察し、消化設備や避難経路を調べた。
 


 本文は10日付紙面で

メニュー

このブログについて

毎回新聞発行日の午後に最新の記事を更新いたします。
なお新聞に掲載しなかった情報などもアップしていく予定です。

プロフィール(作者について)

RSS 2.0

< 2018年02月 >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28