16日付北空知新聞紙面から

「JR留萌線の利用と存続 垂れ幕で呼びかけ」
「木酢液の有用性 モザンビークで期待 雨竜の畠山さんが指導」
「ペペルの美肌の湯を絶賛 道内の温泉好きが妹背牛へ」

学びと集いの郷音江広里交流館

 旧音江中が合宿所に――。深川市は、14年度に閉校した市立音江中学校の校舎を合宿・宿泊施設として整備する方針を固め、関連議案を今市議会定例会に上程した。スポーツに限らず、文化・農業体験といっいた多様な分野の合宿・宿泊ニーズに応える施設で、交流人口を増やし、移住・定住に結びつける人口減対策を主眼にした取り組み。議会審議を経て、来年4月のオープンを目指す。
 


 本文は16日付紙面で

深川中・小塚さん 防犯アナウンス

 市立深川中の報道実行委員として校内放送を担当する、2年生の小塚桃さん(13)が、市民に呼びかける防犯アナウンスのナレーターに抜てきされた。10月11日から始まる「全国地域安全運動」(~20日)に合わせ、地域を巡回する市所有の公用車から、特殊詐欺の被害防止を伝える小塚さんの声が流れる。市の防犯アナウンスに中学生を起用することは初めて。関係者は「現金の受け取り役など、少年が特殊詐欺に関わる犯罪が道内でも増えており、若い世代の関心を高める契機にしたい」と話す。
 


 本文は16日付紙面で

深川ヤングスターズ 全道3位

 「第46回全道少年軟式野球大会」(札幌、7月28日~8月2日)で3位の好成績を収めた少年野球チーム「深川ヤングスターズ」のメンバーが11日、山下貴史市長を訪ね、17年ぶりの出場を決めた同大会での熱戦を振り返った。
 

 
 本文は16日付紙面で

13日付北空知新聞紙面から

「米どころ・深川市 コメの収穫スタート 出来秋に笑顔」
「初秋の雪合戦 沼田で 9チームが雪上で熱戦」
「北空知をたどる 1980年 豊穣を願う俵みこし」

ほろみん号(幌加内―旭川)10月運行  

 【幌加内】幌加内――旭川間を結ぶ無料乗り合い送迎サービス「ほろみん号」が、公共交通路線として国の認可を受け10月2日、本格運行を始める。これまで、試験運行のため乗車は無料だったが、10月から片道千円(一律)の有料となる。
 


 本文は13日付紙面で

「ペコロスの母に会いに行く」無料上映

 認知症の母親と介護する息子の日常を描いたハートウォーミングな映画「ペコロスの母に会いに行く」が無料で楽しめる名画特別上映会が10月9日午前10時(開場は同9時半)から、深川市文化交流ホール「み・らい」で開かれる。公益財団法人「山路ふみ子文化財団」(東京、岩﨑光洋理事長)が地域振興を目的に全国で実施している催しで、地元の官民で組織する実行委が主催した。



 本文は13日付紙面で

秩父別の「おこめ食堂」18日オープン

 【秩父別】地場産米のおいしさを真心込めたおにぎりで伝える「おこめ食堂」が18日、町内2ノ1の民家跡(北空知信金秩父別支店隣)にオープンする。ゆめぴりかとななつぼしを独自の配合でブレンドし、米の甘みを引き出す塩にもこだわった。店主の塩谷一美さんは「気軽に足を運べるお店。おにぎりを食べながら、ゆっくりとくつろいで」と話す。

9日付北空知新聞紙面から

「深川神社6代目宮司 浦隆一さん」
「カップそば発売 ほろかない振興公社」
「車いすテニス・二條さん 深川保育園を訪問」

大国神社 創祀120年の節目盛大に

 深川市一已町の鎮守として創祀120年を迎えた大国神社(大西祥太宮司)の平成29年度例大祭(塩尻芳央祭典委員長)が6日から3日間の日程で開かれ、名物行事の綱引き大会などで活気に満ちた。120年の記念臨時大祭も開かれ、明治時代から地域の安寧を支えてきた神社の節目を盛大に祝った。
 


 本文は9日付紙面で

メニュー

このブログについて

毎回新聞発行日の午後に最新の記事を更新いたします。
なお新聞に掲載しなかった情報などもアップしていく予定です。

プロフィール(作者について)

RSS 2.0

< 2017年09月 >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30