21日付北空知新聞紙面から

「NEWFACE 妹背牛の管理栄養士『おいしく、たのしい食事』」
「元陸上選手の北風さん 速く走るコツを伝授」
「農場の野菜カレー 拓大道短大で新入生歓迎レセプション」

5月に合同企業説明会

深川市や市内の経済団体などで組織する「次世代人材確保対策協議会」は5月9日、拓大道短大(市内メム)で初の合同企業説明会を開く。市外に流失しがちな求職希望者に市内企業の担当者が業務内容の説明や自社PRする場を設け、就労につなげる狙い。同協議会の事務局は「次世代を担う人材にまずは企業の魅力を知ってもらい、市内で働く環境を整えたい」と話す。
 


 本文は21日付紙面で

シーズン到来!PG場オープン

 北空知管内のパークゴルフ(PG)場が、21日の深川・緑地PGコースを皮切りに、続々とオープンする。今年も、愛好者の快音と歓声が響く季節がやってきた。
 


 本文は21日付紙面で

観想  ♪すぐおいしい……♪――

 ♪すぐ、おいしい、すごくおいしい♪――。
タンスの奥に幼いころ手放さなかったオモチャを見つけたような郷愁というのか、突然ふっ、と食べたくなる。
 世界初の即席めん「チキンラーメン」が還暦を迎えた。♪すぐ、おいしい、すごくおいしい♪――。バブル経済直前、エッセイスト・南伸坊さんが出演したテレビCMがお茶の間に流れていたのを懐かしく思い浮かべる御仁もおられよう。
 日清食品を創業した安藤百福さんが発明した。「日清食品ホールディングス」の公式ホームページによると、 


 本文は21日付紙面で

18日付北空知新聞紙面から

「妹背牛で“飲みニケーション” 笑顔で乾杯 愛情たっぷりの総菜も」
「北竜町で記念の町民集会 交通死亡事故ゼロ4千日達成」
「21日オープン 北竜・商業活性化施設『ココワ』 町民待望」

妹背牛町 認知症の支援体制を充実

 【妹背牛】町は本年度から、専属の認知症地域支援推進員を配置し、認知症の理解を広める活動を充実させる。その第1弾として、5月から毎月第2日曜日にオレンジカフェを開設し、認知症について気軽に相談できる場を提供する。訪問介護責任者としての経験を持つ同推進員の金子智津子さんは「対象はどなたでも。日ごろの介護の悩みを話し合ったり、遊びに来た子どもたちも認知症のことを考えるきっかけにしてほしい」と話している。



 本文は18日付紙面で

7カ月健診の親子に布絵本

 赤ちゃんに手づくりの布絵本をプレゼントする深川市教委の「ブックスタート事業」が、今年で6年目を迎えた。市健康福祉課が実施する7カ月健診を受けた赤ちゃんとその保護者を対象に、布絵本のプレゼントのほか、赤ちゃん向けのおすすめ絵本の紹介、読み聞かせについてのアドバイスなどを行う。
  

 本文は18日付紙面で

酒場詩人の吉田類さん沼田へ 25日

 【沼田】JR留萌本線(深川―留萌間)の利用促進につなげる応援イベントを開いている町商工会(吉住淳男会長)は25日、人気酒場詩人の吉田類さんと留萌本線について語る「住民の集い」を「まちなかほっとタウン」で開催する。この日は、恵比島駅まで乗車して沿線自治体の地場産品を使った特製駅弁(1500円相当)を味わう「住民乗車会」も併せて行い、16日から観光情報プラザで参加受付を始めた。


 本文は18日付紙面で

14日付北空知新聞紙面から

「ネイパル深川がアグリ倶楽部~田植え編の参加者募集 15日から」
「法律豆知識や子育てワンポイントなど 生活面から」
「北いぶき農協 農産物販売額112億9千万円 発足以来最高」

深川市議・和田氏が提訴

 議会の不当な問責決議で名誉を傷つけられたとして深川市議会議員・和田秀隆氏(49)=二期目、無会派=が、近く、同僚の市議4人・深川市を相手に110万円の損害賠償を求め提訴する。和田氏は「お金の問題ではない。深川市議会の実態を多くの人に知ってもらう」のが提訴の趣意と話す。
 

 本文は14日付紙面で

メニュー

このブログについて

毎回新聞発行日の午後に最新の記事を更新いたします。
なお新聞に掲載しなかった情報などもアップしていく予定です。

プロフィール(作者について)

RSS 2.0

< 2018年04月 >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30