現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 会員ブログ
  3. 地域安全ニュース
  4. 防犯情報

防犯情報

【特殊詐欺】受け子が深川市内に潜伏中!!

平成29年10月10日、深川市内に居住の70歳代女性の自宅に「車上ねらいにあって、携帯と会社の書類が盗まれた」「会社の上司にも怒られて、これからどうしたらよいだろう」などの不審な電話がありました。
 さらに同日、別の高齢者女性宅に孫をかたる男から「お金を貸してほしい」との電話があり、11日、実際に「受け子」と呼ばれる者が自宅に来ています。
 受け子は、現在も深川市内に潜伏している恐れがあり、さらに被害が発生する可能性があります。
 不審な電話には十分注意し、不審者を目撃した場合は、すぐに警察に通報してください。

ハガキによる詐欺に注意!

9月に入り、深川警察署管内の一般住宅に「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と題するハガキが連続して投函されています。

差出人は「法務省法務局 民事訴訟管理センター」となっていますが、そのような機関はありません。架空の機関名です。

このようなハガキが届いた場合は、完全に無視してください。

特殊詐欺警報発令!

《発令内容》

親族をかたるオレオレ詐欺の発生

 5月9日から11日までの間、札幌市とその近辺、および函館市において、現金を手渡し、被害に遭うオレオレ詐欺事件が5件発生し、被害額は650万円を超えています。

 今後、道内の主要都市などにおいて継続して複数の被害が発生する恐れがあり、警報を発令するものです。

《主な手口》

息子や孫などの親族を装って

「風邪をひいた」
「電車でカバンを盗まれた」
「友達と株をして失敗した」
「取引先との契約にお金が必要だ」
「上司の家族の者がお金を取りに行く」
「弁護士がお金を取りに行く」

…などと言って現金を用意させ、地下鉄や鉄道の駅などを受渡場所に指定してだましとるものです。

※金融機関およびATM設置店舗関係者の方へ
 高額引き出しをする高齢者への声かけをして、不安・不審な点があれば警察へ通報をお願いいたします。

詐欺・不審電話に注意!

1月19日、深川市内で市役所職員をかたる男から
「国民年金の過去5年分の還付がある」
「この後、銀行から電話が入る」
との電話が入った後、更に銀行員をかたる男から還付金等詐欺の予兆と思われる不審な電話が入る案件が発生しています。

金融機関の方は、携帯電話を使用しながらATMを利用する人を見かけた場合は声かけをするなどして、少しでも不安・不審な点があれば警察への通報をお願いします。

また、自治体職員および金融機関職員が電話口のみで口座番号等の個人情報を尋ねたり、ATMの操作を依頼することはありませんのでご注意ください。

詐欺・不審電話に注意!

①1月14日、旭川市内の家庭に、警察官をかたる男から、預金通帳の口座情報や個人情報を聞き出そうとする不審電話が相次ぎました。
犯人の言葉を信じ込んだ方が、金融機関等に現金の引き出しを依頼したり、犯人の指定口座へ現金を振り込むなどの詐欺被害が予想されます。
金融機関等の方は特に以下のようなケースについて、積極的な声掛けのご協力をお願いします。

・概ね60歳以上、300万円以上の引き出し、解約
 (不審点がなくても警察署へ通報願います)
・概ね60歳以上、100万円以上の引き出し、解約
 (チェックリストを活用した声掛けにより、不審点があった場合は警察署へ通報願います)

②1月17日、士別警察署管内において、50代女性がサイト利用名目の支払いで電子マネーを購入するよう要求され、約10万円をだましとられる架空請求詐欺が発生しました。
犯人は、コンビニエンスストアで電子マネーを購入するよう指示し、購入させたカードの番号を聞き取り、だまし取っています。

コンビニエンスストア等、電子マネー取扱い店の方は高額な電子マネーの購入者に対し、声掛けをお願いします。

特殊詐欺等に注意!

≪深川警察署からの情報提供です≫

発令期間 12月26日(月)~1月8日(日)
発令区域 上川管内・石狩管内
発令内容 親族をかたるオレオレ詐欺

発令区域において、12月だけで15件、合計3,500万円を超える被害が発生しています。

詐欺犯は、親族をかたり、事件の被害者又は加害者になったように装って動揺させ、至急に金品を用意させようとします。
お金を用意する前に、必ず元から知っている電話番号に電話をして事実かどうかをしっかり確認し、周囲の人に相談をするよう心がけてください。

特殊詐欺に注意!

深川警察署から、深川市で特殊詐欺の電話が多発しているとの情報提供がありました。

10月11日から市内の各家庭に、警察官を名乗る男から
「あなたの名前で偽造通帳が作られ、悪用されています」と電話が来る事案が多発しています。

深川警察署では、このような電話をすることはありません。これは、特殊詐欺に繋がる予兆電話と思われます。

このような電話を受けた場合は、そのまま電話口で対応せず、電話を切ったうえですぐに深川警察署に連絡をしてください。

「架空請求詐欺」に注意!

これまでにもお知らせしているとおり、電子マネーでの支払を求める「架空請求詐欺」の被害が後を絶たないため、北海道警察から情報提供がありましたのでお知らせします。

 今回は、道内において高齢男性の携帯電話に「アダルトサイトの登録料が未納。退会するなら30万円分のAmazonギフト券を購入し、番号を教えてほしい」との連絡があり、指示どおりコンビニで額面2万円のAmazonギフト券15枚を購入し、電話で券番号を教え、だましとられたというものです。

 こうした被害を未然に防止するためには、電子マネー等取扱店の方からの声掛けが非常に重要です。添付の【声掛けの着眼点】を参照のうえ、電子マネー等取扱店の皆様には「不審な兆候が見られる場合は躊躇わずに声掛け」をしていただくとともに、住民の皆様にも「高額な電子マネーでの支払いを求められた」場合はくれぐれも注意していただきますようお願いいたします。

「架空請求詐欺」に注意!

北海道警察から、音更町と別海町での発生を認知した「電子マネー」で支払いを求める「架空請求詐欺」、および岩見沢市内での発生を認知した「融資保証金詐欺」について情報提供がありましたのでお知らせします。
 連日、道内各地で特殊詐欺の被害が起きているという事実であり、道民が一丸となって被害防止に向けて取り組んでいただかなければなりません。引き続きの協力をお願いいたします。

今回の事件は、
① 音更町
 被害者の携帯電話に、女性の顔写真付きで、「2400万円を受け取ってくれる人を探している。受け取ってもらえないと会社がつぶれる」等というメールが送信されたため、指示に従い、受け取り費用として、電子マネー60万円分を購入したうえ、カード番号を教示してだまし取られた。
② 別海町
 被害者の携帯電話に、有料動画閲覧料金の未納に関するメールが送信されたため、連絡先に電話し、指示通り6万円分の電子マネーを購入したうえ、カード番号を教示してだまし取られた。
というものです。

 だましの文言は異なりますが、いずれも「電子マネー」での支払を求めております。

 引き続き、「電子マネー」での支払を求める「架空請求詐欺」について注意するとともに、コンビニ等、電子マネー取扱店舗からの積極的な声掛けや通報の協力をお願いいたします。

③岩見沢市内での発生を認知した「融資保証金詐欺」について

 融資会社を名乗る者から、「中小企業支援事業」「低金利」等と記載された融資に関する書類のFAXが送られてきたことから、書類記載の連絡先に電話したところ、「事務手数料」「預託金」の名目で現金約300万円を要求され、ATMや金融機関窓口で振り込み、だまし取られたというものです。

 添付資料に記載されている【ポイント】を参考にし、中小企業経営者等の皆様には注意していただきますよう、お願いいたします。

「架空請求詐欺」に注意!

北海道警察から、旭川市および函館市内で発生を認知した詐欺事件について、情報提供がありましたのでお知らせします。

■旭川市内での発生した「電子マネーでの支払いを求める架空請求詐欺」について

今回の事件は、被害者の携帯電話に「1億円当選したが、それを受け取るには不正受給者リストに登録されているあなたの情報を削除しなければならない。」旨の連絡が入ったことから、指示されるがまま、「リスト削除費用名目」で電子マネー4,000円分をコンビニで購入したうえ、カード番号を教示して、だましとられたという概要です。

その後、被害者は金融機関職員に「不正受給者リスト」について相談したことにより、職員から詐欺被害を指摘され、被害に気付いています。

引き続き「電子マネーでの支払を求める架空請求詐欺」について注意するとともに、コンビニ等、電子マネー取扱店舗からの積極的な声掛けや通報についてご協力をお願いいたします。

■函館市内で発生した詐欺事件について

① 2月18日、警察官を名乗る男から「警察が見張っているから、玄関に現金を置いてくれ。犯人が家に入ったら警察が踏み込んで捕まえる」等と電話があり、玄関に現金4万円と腕時計を置いたところ、持ち去られたもの。
② 2月24日、警察官を名乗る男から「これから犯人から電話がくるので何も言わず聞いてほしい」と電話があり、その後、別の男から「現金を郵便受けに入れろ」等と電話で指示され、再度、警察官を名乗る男から「犯人が来たら捕まえる」と言われたことから、指示通り郵便受けに現金9万円を入れたところ、持ち去られたもの。

手口的には特殊詐欺には当たらないとのことですが、特殊詐欺における「だまされたふり作戦」を悪用した新手口と考えられます。

今後、全道に同様の手口が波及する可能性があります。「警察官等を名乗る者から捜査等への協力名目で現金等を用意するよう求められる」場合は犯罪の可能性がありますので、かかってきた電話を一旦切り、すぐに警察に通報(相談)するよう注意してください。

メニュー

このブログについて

「地域安全ニュース」は、「暴力や犯罪のない安全で明るいまちづくり」をめざして、お伝えする安心・安全情報です。また、防災や国民保護関連の情報もお伝えします。

プロフィール(作者について)

RSS 2.0

< 2018年11月 >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30