ツクバネテッセン

我家はまとまりのない庭モドキでなんでもありです。鳥が風をして落として行った種が芽を出して花を咲かせたものがあります。鳥、恐るべし。
本日アップするのは自分で買ってきて植えたテッセンです。非常に気に入っています。

南に戻る

大雨と快晴に見舞われた太子祭りも終わり、季節は夏至を過ぎていよいよ盛夏から秋に向かっていきます。
「りゅうぐう」までの距離が38kmになりましたがかなり進行速度が遅くなりました。

これから朝日も消防署から離れます。

朝日に映える丘

砂利原のパンジー

砂利の間にビオラのこぼれた種が花を咲かせて笑顔を見せています。って言うか渋い顔かな?ひげを生やして可愛らしいですね。

昨日の夕方の夕立?もどきに雷は連続発生で被害はなかったでしょうか。
「りゅうぐう」まで50kmを切りましたね。少し減速しているのかな?

トリアシショウマ

初夏の花ですね。ショウマと名のつく花は何点かあってどれも素敵な花ですね。咲き始めは涼しげで繊細ですが花が満開になると結構豪華ですよね。

花が開いてくると厚みが出て豪華さが出る

つぼみのうちは涼しげで繊細

彩りの丘

草が多いですがルピナスが咲いています。昔はスキー場だった思い出の丘でした。その後コスモスが植えられたりしていた時期もありましたが荒れ気味になった後、実の成るベリー類やツツジが植えられて随分整備されて来ましたが管理費用が大変なのか様相が変わってきました。
それでもルピナスは何とか様々なグラデーションを創りだしています。
遠くから見ると物足りないですが近くで見るとそれなりに楽しめます。

ベニバナサンザシ

傍に来て見てわかる樹木なのでしょうか。ピンクの花は遠目では解り難いのですが近づくにつれてピンクが目に入ってきます。葉が多いと特にそんな感じがします。
地震の被害に遭われた方には遠くからですがお見舞い申し上げます。
千葉だ群馬だあっちだこっちだと全国で地震が多発しているような報道ですが無い方が不思議だと言う事でしょうし、あるもんだという心構えでいましょう。地球が生きている証拠です。
「はやぶさ」は「りゅうぐう」まで177kmにまで近づきました。

GP21でコウリンタンポポ

コウリンタンポポやタンポポモドキが繁茂する季節がやってきました。一度草刈をした後に伸びてきて花が咲くと宙に浮いて咲いているように見えるのでこれはこれできれいですがヨーロッパからの帰化植物の勢力拡大に厄介です。葉が地面すれすれなので刈り取っても結構残っているんですね。恐るべし繁殖力。

ハクウンボクは快晴が似合う

今朝はくもりですが相変わらず気温は低目でしょうか。
今朝の新聞からですが後半部分に同感。前半を端折るのも問題なので全文貼り付け。

国民の公共心 
今から25年前、スイス政府は原発から出される放射性廃棄物の貯蔵場所を国内で探していた。白羽の矢が立ったのは山あいの小さな村だった▼村民に調査したら、51%が受け入れると答えた。では、処分場建設とともに国が村民一人一人に毎年補償金を支払うならどうか。賛成者は増えるどころか、25%に半減した。賄賂のように受け止めたからだ▼「ハーバード白熱教室」のマイケル・サンデル教授がこの話を著書で紹介している。公共心の高い地域では、お金をてこにして住民が歓迎しない施設を建てようとしても高くつく。また、政府の押しつけはお金よりも公共心を腐敗させる。立地決定や閉鎖に住民の権利を認める方が支持される、と教授は説く▼日本では考えにくい。原発は、建設ありきの国策と手厚い補助金のセットだった。2人に1人が「国のために一肌脱ごう」と考えるほど、日本の政府は国民から信頼されていない▼現在は新潟市の一部となった巻町で1996年に行われた住民投票では、反対多数で原発断念となった。当時町長だった笹口孝明さんは「国策であれば、国が地域に情報を提供し、町民が議論して合意形成を図るのが筋。それがなかった」と語る▼決定的な違いは、だれが政策を決めるかの意識だ。スイスは国民、日本は政府―。主権者の責任感を信じ、国民に政策決定をゆだねる潔さが日本の政府には足りない。

ハクウンボク

今年の花付は今までで一番多いです。どこから見ても花が咲いていました。
花期も先まで順々に咲きあがって行くので長めですから楽しめますね。ただし白色なので地味好きの人向きかな?

今日の朝日

3時半には明るくなって4時頃には陽が昇ってきます。21日が夏至ですからもう盛夏の様な気がしますが気温は低目が続いています。もう少し気温が上がると良いですね。
「はやぶさ2」が「りゅうぐう」に近づいています。5:15頃であと640km位のカウントダウンですから楽しみが増えてきました。深川から仙台まで直線距離を測ると615kmと出ましたから仙台の向こうを飛んでいる訳で距離数が減るのを楽しみにサイトを見ています。

消防署のすぐ横から昇ってきます。

音江山に陽が当たり明るくなってきました。

メニュー

このブログについて

深川の自然が今どんな雰囲気なのかなぁ・・なんてね。
ちょっとしたスナップがUPできたら楽しいかな。(^_^.) 
そんな事で始めてから早くも9年経ちました。
訪問してくれる方がいる間はUP続けます。
鳥と花と風景が中心でしょうかね。

プロフィール(作者について)

RSS 2.0

< 2018年06月 >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30