現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 会員ブログ
  3. あぁ〜外は今・・どうなってる?
  4. どちらかと言えば花のこと

どちらかと言えば花のこと

12月のタンポポ

雪解けの土手に埋まっていたタンポポが陽気に誘われて開花していました。残りそうな雪もすっかり消えかけて怪しげな根雪状態になりました。多分、深川の観測点では積雪ゼロでしょうね。

琉球カラスウリ

夏場にグリーンカーテンにしていたんですが、ようやく緑色だったカラスウリの実がどんどん赤くなってきて可愛らしくなってきました。
部屋の中に吊るして飾っていますが、これで又種が採れそうです。

雪が融けてきました。なかなか本格的な冬になりませんね。体にはいいんですが気分が今一です。

コスモス

風と雨の朝を迎えています。ずーっと秋晴れの良い日が続いていたのでちょっぴり残念ですがこんな日もあってこそ、です。夕方には高気圧が張り出してきそうなので回復しそうです。


 数日前の一コマです。花期も長くて秋を彩るコスモス。朝は冷え込みますが、最近のあたたかさでまた元気が出ているような感じです。今の季節の日差しにぴったり合う花ですね。思わず歌を口ずさみたくなるような気持になりますが歌詞が出てきません。

晩秋のジギタリス

山間に季節外れのジギタリス。なぜかより一層色が濃いような気がする。

ネバリノギク

台風が上陸してくるような年は暖かいからでしょうからまだ気温も高くて結構な話です。それにしても24号に負けず劣らずの勢力の25号。当地には25語号の方が被害が大きいかも・・・。

2011/10/4の話ですがトトロ峠にも雪が積もって音江山は真っ白になったことがありました。リンク先に行ってみて・・・。

参考リンク: 2011/10/4 音江山初雪

ユウゼンギク

昨夜は十五夜の名残りでまん丸な月が見えていましたがススキまで気が回らず寝てしまいました。少しづつ飽きが近づいています。

あちこちの道端で秋を彩っています。意外と嫌われずに残っているようです。色に変化が多いようで濃いめから白っぽいものまで目につきますね。

やましゃくやく秋色

春、一斉に咲いていた場所も秋を迎えて真っ赤な口を開けています。雛が真っ赤な口を開けていると子育て中の親鳥は一生懸命に餌を与えるようですが、まさか鳥に種を運んでもらう為に真っ赤になっているんでしょうか。とにかく真っ赤!!

イヌタデ

昨日は叩き起こされるように一日が始まりました。真っ暗ななかにも遠くに非常電源が点いている所を見てほっとしたりして明け方を迎えましたが停電でテレビも見れず車の中でラジオを聞いて状況確認したものの回復には数日かかるとのことで色々と策をめぐらしましたが結局普段からの無駄ともいえる準備が必要な事だと改めて感じた次第です。
北海道全部がほとんど動きが取れないような状況が起こるんだと改めて認識しました。
北海道胆振東部地震と命名された地震の被害は上空から記録されたおびただしいまでの茶色く山肌を晒している写真を見て改めて大地の生成の過程を見た思いです。隆起、陥没、水害、がけ崩れ等々美しい自然もこうした事象を幾度となく繰り返して今があり、繰り返し今後も変遷を経て行くのでしょう。

白花

雨露のヒペリカム

霧雨の様な雨が降ったのか、朝のヒペリカムにはきれいな水玉が・・・。
風があったら落ちてしまうのだけれどきれいに残っていて朝の光が当たってきれいでした。揺らすと大きな玉になって落ちていきました。

エゾナミキ

毎年同じ道路際に生えています。刈られそうで刈られないところに目立たなく咲いています。
車中からは外来種の黄色のオオハンゴンソウやセイタカアワダチソウ、ノラニンジンがやたら目立ち過ぎます。
たまには歩いて変わった花が無いかと眺めたいものだとと思っています。

メニュー

このブログについて

深川の自然が今どんな雰囲気なのかなぁ・・なんてね。
ちょっとしたスナップがUPできたら楽しいかな。(^_^.) 
そんな事で始めてから早くも9年経ちました。
訪問してくれる方がいる間はUP続けます。
鳥と花と風景が中心でしょうかね。

プロフィール(作者について)

RSS 2.0

< 2018年12月 >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31