美術館めぐり(その10) 月光ノ絵師 月岡芳年

札幌芸術の森美術館で開催された展覧会「月光ノ絵師 月岡芳年」に行ってきました。

月岡芳年(つきおか よしとし1839~1892)は幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師で、「最後の浮世絵師」とも呼ばれています。

会場には妖怪退治や、京都・五条大橋を舞台にした義経と弁慶の決闘をテーマにした作品などが展示されていました。

芳年の絵師としての歩みや、明治に入ってからの浮世絵のうつりかわりを垣間見られた展覧会でした。


(お客様相談室)

ウイルホーム(有)寺内組
TEL(0164)23-2358
※ホームページが新しくなりました。
http://www.willhome-tug.com

月岡芳年「義経記五條橋之図」(1881年)

参考リンク: ウイルホーム ホームページ

コメントを書く

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントは表示されませんのでご了承ください。

コメント:
名前:
認証画像: 認証画像
認証画像に表示されている文字を半角で入力してください。
読みにくい場合は、 を押してください。

メニュー

このブログについて

深川市で新築住宅やリフォームを手掛けている工務店「ウイルホーム(有)寺内組」のブログです。

プロフィール(作者について)

RSS 2.0

< 2017年08月 >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31