現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 会員ブログ
  3. 北空知新聞 WEB NEWS
  4. 2018年09月12日の記事

2018年09月12日の記事

全国書道コンで特別賞 三浦さん

 深川市多度志在住の三浦スミ子さん(79)が、第49回全国書道コンクール(国際書道協会主催)の毛筆部第3部で特別賞1席を受賞した。書道を始めて8年目、4度目のコンクール挑戦でつかんだ特別賞に、三浦さんは「選ばれるなんて思ってもいなかったので、本当にうれしい。今後の励みになります」と笑顔。指導にあたる「翠洋書道教室」(市内新光町)の竹之内翠洋さんも「三浦さんの常に前向きな姿勢は、みんなのお手本。学び始めに、年齢は関係ないということを改めて教えてもらった」とたたえる。


 本文は12日付紙面で

沼田町化石体験館 入り込み好調

 【沼田】町化石体験館(ほろしん温泉向かい)は、町内で産出された化石の魅力を町内外に広めて今年で10年の節目を迎えた。充実した化石発掘の体験メニューや子どもの関心を集める企画展などの面白さが口コミで広がり、年々、リピーターの増加とともに来館者数を伸ばしている。2つ企画した開館10周年記念イベントのうち、16日開催の「恐竜復元教室」はすでに定員に達し、化石博士5人を招いて10月8日に開くシンポジウムの募集を始めた。学芸員は「認知度が高まってくれてうれしい。化石の面白さを伝えられる工夫を続けたい」と話している。
 


 本文は12日付紙面で

停電の中で通常保育 多度志保育園

 6日未明に発生した北海道胆振東部地震の影響で、深川・多度志地区では7日遅くまで電気の供給がストップした。そんな中、域内の多度志保育園(殿平真園長)は、「こういうときこそ、子どもたちをしっかりお預かりしなければならない」と、6、7の両日とも通常保育を実施し、給食を提供。さらに停電で調理が困難な保護者や地域住民のために炊き出しも行った。
 

 本文は12日付紙面で

12日付北空知新聞紙面から

「わずか3カ月で納骨73体 合同墓『やすらぎの丘』」
「こんなときこそ、楽しいイベント もせうし遊歩市は予定通り開催」
「大国・音江の両神社で例大祭 奉納行事に沸く」

メニュー

このブログについて

毎回新聞発行日の午後に最新の記事を更新いたします。
なお新聞に掲載しなかった情報などもアップしていく予定です。

プロフィール(作者について)

RSS 2.0

< 2018年09月 >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30