年金の支給もれがあったときの税金

最近ご相談があった事例。年金の記録確認にもれがあり、支給もれがあった場合の税金についてです。

今まで支給された年金が、本来もらうべき年金より少なかったことがわかった場合、過去の分までさかのぼって不足していた年金が支給されます。

まず最初に、過去5年分の年金の不足額が支給され、その5年分の本来の「公的年金等の源泉徴収票」が再発行されます。この不足分の年金は、受け取った年の収入にはなりません。過去5年分のそれぞれの年の収入になります。確定申告を行っていた場合、この再発行された源泉徴収票をもとに5年分の修正申告と納付をしなければなりません。

次に、5年以上前の分の年金の不足額が支給されます。こちらの不足分の年金も受け取った年の収入にはならずに、本来のそれぞれの年の収入になります。原則的に5年以上前の修正申告は不要なので、5年以上前の不足分の年金については、税金上は何もしなくていいことになります。

メニュー

このブログについて

税理士・石川大記の日常的なつぶやきです。お気軽にご覧ください。

プロフィール(作者について)

RSS 2.0

< 2017年08月 >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31